蝦夷地東:釧路在住。気まぐれ写真や御気に入りなど・・・布教活動なう!以前のブログが消えて(=゚д゚=)FC2さんに引っ越してきました。座右の銘「にゃっはーw」   http://nyoron404.blog129.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか静かな海で・・・その1

はじめに・・・
ニョろん自身「艦これ」は老後の愉しみに取っておいて、未だにやっておりません。
が、艦これ本やアニメは楽しく拝見してマスです。
本日は、いずも型護衛艦2番艦「かが」 が先日進水した記念で温めていた記事を更新したいと思います。

よもや、先人様たちも終戦から70年経って、こんな形で軍艦が注目されるとは思ってなかったでしょうねw
2015-08-31-DSCN8267.jpg
後書きに有るよう「この話はとても地味で万人受けするものじゃないと思う。
だけど100人中3人でも心に響いてくれたら・・・」
2015-08-31-DSCN8270.jpg
コレから読まれる方には、是非とも旧帝国海軍の史実とオムニバス
ストーリーの主役艦の史実を知った上で、読んで頂ければ胸が熱くなると想います。
航空戦艦「伊勢」と「日向」の物語 ←リンク有ります!
第一巻   
第一話:航空戦艦「日向」←リンク有ります!
   単語記事: 日向(艦これ)←リンク有ります!
第二話:駆逐艦「響」←リンク有ります!
   単語記事: 響(艦これ)←リンク有ります!
第三話:戦艦「金剛」←リンク有ります!
   単語記事: 金剛型戦艦←リンク有ります!
第四話:航空母艦「蒼龍」←リンク有ります!
   蒼龍 (空母) - Wikipedia←リンク有ります!

第二巻       
第一話:水上機母艦「千代田」←リンク有ります!
   ちよだ (潜水艦救難母艦)←リンク有ります!
第二話:軽巡洋艦「神通」←リンク有ります!
   単語記事: 神通(艦これ)←リンク有ります!
第三話:駆逐艦「秋月」←リンク有ります!
   単語記事: 秋月(艦これ)←リンク有ります!

奇しくも地元では「ノーザン・レスキュー2015」が行なわれています。
参加艦艇の「輸送艦しもきた」に逢って来ました。
2015-08-31-DSCN8251 (2)
航海の無事を祈る「満月」が、優しく「しもきた」を照らしているようです。

海上自衛隊 in 来島海峡 3.11祈りの日 輸送艦しもきた
来島屋旗振男さま・・・アップロードありがとうございます。←リンク有ります!
心ある「しもきた」乗組員の皆さまへ
感謝に付きません。父の故郷「福島」に尽力頂き、誠にありがとうございます。
今後の平穏を祈るのですが、万一の不徳の事態が発生した時は宜しくお願い申し上げます。

同じく来島屋旗振男さま・・・アップロードありがとうございます。←リンク有ります!
管品:ニョろん独り言ですが、裏方と呼ばれる自衛官には、
このような行動は「最高の激励」です。
元陸自の父親に成り代わり御礼申し上げます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
くりっく支援
よろしく
ニャッハーw

久しぶりの続きでは、お時間有る時に見て頂きたい、想いのこもった
動画を御紹介です。。。




終戦間際に、ある決死の作戦が遂行されました。
参加艦隊は、第四航空戦隊の戦艦「日向」、「伊勢」と、軽巡洋艦「大淀」、第二水雷戦隊の駆逐艦「朝霜」、「初霜」、「霞」で構成されており、旗艦は第四航空戦隊旗艦「日向」で、同戦隊司令官の松田千秋少将が指揮した。
松田少将はこの部隊を「完部隊」と命名、これは「任務を完遂する」という意味を込めてである。
最後の航空燃料を持ち帰り、紫電改などの迎撃任務を支えてなお、自艦の燃料は最後の大和出撃に提供したそうです。
2015-08-31-jjuNqv3.jpg
その後、主だった艦艇は浮き砲台となり・・・大破着底します。。。

坊ノ岬沖海戦
大島輸送隊ヨリ 第二艦隊へ
御武運ノ長久ト 御成功ヲ祈ル


アリガトウ 我 期待ニ応エントス
菊水作戦同日、やっとの思いで佐世保港へ向かう輸送船団があった。
輸送先の奄美大島の名を取り「大島輸送隊」と呼ばれた輸送艦と護衛艦の船団である。
出掛けるときは六隻だったが奄美大島での荷役中に米艦載機来襲に逢い、僚艦三隻を失ったのちの帰航路であった。
午前十一時頃、信号員長・海軍一等兵曹、浜田秀美は「信号員長、あがれ。急げ」の切迫した報を受け、艦橋に駆け上がって見ると、前方に「普通でないフネ」がかすかに遠望される、「確認せよ」との命令で測距儀をのぞくと、なるほど「でかいマストのふつうでないフネ」である。
少しの間観察していた浜田だったが、すぐ大声で報告している。「前方の艦は戦艦大和。間違いありません」
ベテラン乗組員が「戦艦大和」「間違い無し」と断定したものだから、艦橋では安心すると同時にどよめきが起きた。
「大和もついに特攻隊となって出撃したか」もとより米軍偵察機がついてきているため、第十七号駆潜艇は「大和」と次のような信号を交わしている。
「敵機ワレニ接触シツツアリ、警戒ヲ厳二サレタシ」
「アリガトウ、貴艦の武運を祈ル」
又、列艦の第百四十六号二等輸送艦も「大和」の接近に気付いており、次のように交信している。
「御武運ノ長久ト御成功ヲ祈ル」
「アリガトウ、ワレ期待二応エントス」

最後に一言。
戦争法案などと、勝手な解釈で自国の安全に泥を塗るような輩は、
次の選挙で落選する事を願います。かしこ!

関連記事

コメント

台風一過で随分涼しくなったが蝦夷地は寒いのか?
こちらでは、美味しい無花果が旬を迎えているぞw

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://nyoron404.blog129.fc2.com/tb.php/472-79f16222
<< くろ猫サムライ 2015 09-DIC王子バージョン | TOP |  よこミミさん:お二人様の一泊報告 >>

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。